2005年07月16日

ミッシングリンク

「散財心理学実習講義200X」で、先日の「スパロボ精神コマンド風PC紹介テンプレート」に続いて、新たに「ミッシング・リンクを繋ぐ」という企画があがっていたので、例によって便乗してみることにしました。
で、このミッシングリンク、初期バージョン新バージョンの2つがあるので、一応両方で作ってみることにしました(単に一度初期バージョンで作ったやつを新バージョンにコンバートするのがめんどくさかっただけだったりして(^^;)。

まずは初期バージョンの方。



 ヘルガ・シュヴェルトライテの【血族】は【ロジック・グレイ】である。
 それには【ホリィ・エヴァグリーンがロジックによって<黒>に染められた際、彼女の先祖が、ホリィに代わってロジックを討つための「獅子身中の虫」としてあえて残ることを決め、またそれを一族の使命としてきたから】と言う由来がある。
 ヘルガの血液記憶が【武道に励んだ日々の記憶】及び【『ドレーガ』に対する憎悪の記憶】なのはそれに関係している。

 ヘルガ・シュヴェルトライテの血液記憶は【『ドレーガ』に対する憎悪の記憶】である。
 それには【一族の敵たるロジック・グレイが、今もホリィをはじめとする多くの人々を苦しめ、彼女自身も、父と姉をロジックあるいはその配下に殺された】と言う由来がある。
 ヘルガの【価値観】が【正義】なのはそれに関係している。

 ヘルガ・シュヴェルトライテの【所属組織】は【シュプレンガー警備保障】である。
 それには【父親が元々シュプレンガーの社員であり、遺言により同僚である彼の友人を後見人として同社に入社するよう伝えられていた】と言う由来がある。
 ヘルガの血液記憶が【戦場の記憶】なのはそれに関係している。

 ヘルガ・シュヴェルトライテの【特徴】は【クール】である。
 それには【邪悪なドレーガとの戦いの中で、仲間を失った悲しみを乗り越え、決して弱音を吐かぬようにと自ら努めてきた】と言う由来がある。
 ヘルガの血液記憶が【戦場の記憶】なのはそれに関係している。




続いて新バージョンの方。




 ヘルガ・シュヴェルトライテの【ドレーガに対する憎悪の記憶】と【女性】には、関係がある。
 それには【ロジックのストーカー的な行為と人格に、使命とは別に、一人の女性としても、生理的な嫌悪感を感じずにはいられない】と言う由来がある。

 ヘルガ・シュヴェルトライテの【両手利き】と【戦場の記憶】と【シュプレンガー警備保障】には、関係がある。
 それには【戦場であらゆる事態に対応できるよう、特訓を受けてきた】と言う由来がある。

 ヘルガ・シュヴェルトライテの【25歳】と【正義】には、関係がある。
 それには【幼少期に旧東ドイツの共産主義体制下で不自由な生活を強いられた辛さを知り、更に10歳の時に『ベルリンの壁崩壊』を経験することで、悪政が決して栄えることはないという思いを改めて胸に刻んだから】と言う由来がある。




……うーん、こうしてみると『ロアド』と『銀髪』だけがうまくつながらないなあ。
というか、外見的特徴をつなげるのは(ものにもよるけど)けっこう難しそうな気も。

それはさておき、姐さんの場合は【『ドレーガ』に対する憎悪の記憶】【戦場の記憶】【シュプレンガー警備保障】【正義】あたりの使用率が高く、やはりこのあたりが重要な感じですね。
更に新旧両バージョンの最後のやつなんかにおけるメンタルな部分は、今回はうまくつなげられなかったけど、意外と【女性】的な部分も介在しているのかな、なんて思ったり。
posted by 佐倉めいる at 16:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 【BO】PC | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。